パンも種類によって食べ方は違う

私はパンが大好きで、朝は食パン派です。昼もパンで大丈夫ですし、夜もたまにはパンが食べたいと思う時があります。

 

主人や子供は御飯派なのでさすがに夜は御飯ですが、1人でお昼ご飯を食べる時はパンが多いです。

 

この間スーパーでPasco超熟イングリッシュマフィンを見かけ、初めて購入してみました。

 

いつもは菓子パンや食パンを買うのですが、この間テレビでこのイングリッシュマフィンがロングセラーなのだという放送を見てずっと気になっていました。

 

 

せっかくなのでCMで深津絵里さんが作っているっぽい感じにしようと思い、生ハムやベーコン、かぼちゃやフレッシュなトマトも一緒に購入しました。家で早速イングリッシュマフィンを袋から出してみると、白い粉に驚きました。

 

 

ぼろぼろと落ちて厄介ですが、これはコーングリッツといってトウモロコシの粗挽粉だそうです。確かにトーストするとカリッとなり、香ばしい香りがします。

 

 

必要な粉なのですがテーブルの上は少々悲惨です。しかもこのマフィン、切れ目が入っていて自分で割るのですね。そんな事も知りませんでした(笑)焼きたてのうちに色々な食材を乗せたら、それは華やかなマフィンがいくつも出来上がりました。

 

 

食べると外側がカリッ中はモチッで、かなり好きな食感です。素朴な味なので素材を引き立ててくれます。
ハンバーガーの様にするのも良さそうですし、パスタを乗せても美味しく食べれそうです。

 

 

ワインにも合いそうなので夜御飯にしたい位です。これはもっとイングリッシュマフィンのレシピを練習して、クリスマにも活用したいです。クックパッドで勉強して自分のものにしたいと思います。